So-net無料ブログ作成
検索選択

海外ドラマ『ロストガール』シーズン2 第22話(最終回)の感想 ガルーダの最後の戦い [ドラマ]

トリックに呼ばれるボウ。どうやらガルーダの居場所が分かったそうだ。その前に戦略を聞くと。血を使うと。トリックは言う。血の力は危険だと。もし闇に飲まれたら、元には戻れないぞと。トリックは渡した仕込み刀の柄の部分を開ける。そこには、エキスが入っていた。トリックは自分の妻のエキスだという。このエキスは闇という毒を中和する、傷も驚異的な速度で治すことのできるものだと。何かあった時に、使えとボウに渡す。

上の階で何か音がして、2人で見に行くと何もない。と思ったら、霧状のフェイが現れ、トリックをさらって行ってしまう。

51.jpg

ケンジーはトリックが残した情報、ほぼ暗号っぽいのから、ガルーダの居場所を探すことに。この時に、ヴェクスはトリックが血の王と知る。ヘイルの妹・ヴァルも戦いに参加することに。ローレンもラクランの毒を持ってきて、パーティーに参加する。そして、ボウの血をメンバーに入れて結束力を強めることに。ケンジーがガルーダの居場所を探し出して、向かうことに。

ガルーダの元にトリックが連れてこられる。そして、過去を見せられる。血の力で、戦争を止めようとした。裏では妻が敵の大将の所に和平を頼みに行っている。妻の部下が裏切り、暗殺者を使用。敵の大将も妻も死んでしまう事態に。トリックが血の力を使ったのは、自分の罪を隠すためだと。血の力を使ったのは、間違いだと。だから、正せと。トリックは迷いながらもペンを執る。
スポンサーリンク



■潜入
敵のアジトに潜入したボウたち。3つのパーティーに別れてガルーダを探す。その際、実はボウの血を入れていないヴェクスが負傷して(すごい軽い怪我)、サボる。その後、ボウの血を入れられる。ケンジーは、腹部を切られて重傷となる

54.jpg

■ガルーダとの対峙
ボウとダイソンが、ガルーダの前に現れる。戦いが始まる。ダイソンは吹き飛ばされ、ボウも防戦だった。しかし、ボウが覚醒。ガルーダの餌となる感情を抑え込み、攻勢に出る。

52.jpg

重症のケンジー、傷口が塞がらない。そこで、ヘイルの声を超音波にして傷を塞ぐことに。それが上手くいって、ケンジーは助かる。助けたメンバーはボウとダイソンの元へ。

不利を悟ったガルーダは、過去を見て弱ってしまったトリックの中に入り憑りついてしまう。目覚めるダイソン、着いた仲間たち、しかしどうすることもできない。ガルーダは、トリックの体を操って血の力で作られた法を消そうとする。しかし、ヴェクスが彼の力でなんとか止める。その隙に、ボウはローレンが持っていたラクランの毒をトリックに打ち込む

その毒が効き、ガルーダは消滅。トリックもまた死ぬかと思われたが、仕込み刀の杖の中の薬で、一命をとりとめる。ボウがその際に、闇に飲み込まれそうになるが、過去にライアンを正気に戻す時に使った儀式をケンジーが再現、ボウもまた正気を取り戻す。

■終劇
ガルーダが消滅、トリックもボウも他のメンバーも死者なしだった。その後は、パーティーが開かれた。ケンジーは腕に異変を感じる。腕にはどす黒い痣が浮かび上がっていた。ノルンのところで、謎の液体に触れてしまった場所だった。家に帰ったボウ、確実に彼女の中に闇が生まれていた。

53.jpg

■ちょっとした感想
ガルーダとの戦いが終わりましたね。なんかあっけないというか、あっさりしていました。オオカミの精霊の預言もよく分かりませんでした。でも、死者がいなくてよかったですね。ケンジーの腕の痣、今後どうなっていくのか。ボウの中の闇はどうなっていくのか。愛を取り戻したダイソン、愛する人を失ったローレン、この2人とボウとの関係はどうなっていくのか・・・それは次のシーズンでということですね。


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。